日焼け止めサプリ 皮膚科

日焼け止めサプリを皮膚科で処方される場合もある

強い日差しから肌を守るためには、紫外線からの影響を防ぐために防止や長袖の服、日焼け止めクリームの使用など、様々な方法が使われます。新しいタイプの飲む日焼け止めサプリは、肌の弱い人などに向いている製品です。皮膚科でも処方されているものもあります。肌のダメージを抑える便利なアイテムですので、製品のメリットとデメリットを知っておきましょう。

日焼け止めサプリのメリットとデメリット

飲む日焼け止めは、体の内側から肌をサポートしてくれますので、日焼け止めクリームにありがちな不快感から解放されるメリットがあります。頭皮や細かい個所など、クリームを塗れない個所も対応可能ですので、大変便利な製品であると言って良いでしょう。その一方で、飲むという行為に抵抗を持つ方もいますし、副作用について心配される方もいます。薬ではなくサプリメントであるということを踏まえると、リスクは小さいことが分かります。ただし、通院して薬を処方されている方は医師にアドバイスしてもらった方が良いでしょう。飲む日焼け止め製品の特徴を理解して、どんなリスクがあるのか知っておく必要があります。

皮膚科で処方してもらうこともできます

記事のイメージ画像

日焼け止めサプリは、薬店やドラッグストアで購入するだけでなく、皮膚科で処方されているものもあり、代表系なものにヘリオケアを挙げることができます。医師の診断を受けてから、飲み始めることになりますので安心感があります。特に、肌が弱いなどの不安要素がある方は、皮膚科の医師に相談してみると良いでしょう。基本的な働きは、市販製品とほぼ同様であり、紫外線によって発生するフリーラジカルからの攻撃から肌を守ってくれます。シミ、シワの原因となる肌の酸化を抑えてくれる効果です。皮膚科であれば、肌のトラブルの解決のために、包括的な判断をしてくれます。

自分にあった製品探しをするならこの方法

飲むタイプの日焼け止め製品は、各メーカーで販売されており、どれを購入すればよいか迷ってしまうかもしれません。効果が持続する時間は長い方が良いですし、さらには自分の体質に合ったものを選びたいところです。日焼け止めクリームよりは、高めの価格設定となっていますので、まずはトライアル製品から試してみることをお勧めします。短期間ですが、格安で自分に合ったものを選ぶことができますので便利です。製品レビューや口コミは参考になりますが、意見にバイアスがかかっている場合がありますので、客観的な視点で判断することが大切です。また、かかりつけの皮膚科があれば、医師に相談してみても良いでしょう。

まとめ

日焼け止めサプリは、飲むタイプの製品であり、従来の日焼け止めクリームとは使い勝手に大きな違いがあります。塗った際の不快感がない、全身に効果があるので効率的な点が評価されています。皮膚科で処方される製品もありますので、医師に相談すれば、自分にあった製品探しの助けになります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

日焼け止めサプリメントのメリットや効果
塗るタイプよりも飲むタイプの日焼け止めサプリを活用する
塗るのが主流だったけれど今は飲む日焼け止めサプリがおすすめ
今女性に人気の日焼け止めサプリ、副作用は大丈夫?
日焼け止めサプリの気になる成分は
日焼け止めサプリは、飲むタイミングを考えることが重要です
日焼け止めサプリの海外品と市販品の違い
日焼け止めサプリの特徴と種類について
日焼け止めサプリの効果時間、持続性はどれくらい
日焼け止めサプリの価格を簡単に確認する方法があります
注目の日焼け止めサプリのメリットとは
便利な日焼け止めサプリにもデメリットがある
目も日焼けする!?日焼け止めサプリで身体の内側から紫外線対策
飲んでUVケアができる日焼け止めサプリ
持ち運びに便利な日焼け止めサプリで手軽に紫外線対策
美肌を実現したい人にお勧めの日焼け止めサプリ
アンチエイジングにも役立つ日焼け止めサプリ
日焼けによる肌のダメージを避けるには
日焼けで痛み出る経験を繰り返さないためには
紫外線を浴びることで癌の可能性が出てくると言われる日焼けのリスクについて
ひりひりはもう嫌!塗り直さない日焼け止め
イマドキの日焼け予防にはこんな方法が
日焼けの際の効果的なケアを知っておく
日焼けは顔が老ける原因ナンバー1