日焼け 癌 可能性

紫外線を浴びることで癌の可能性が出てくると言われる日焼けのリスクについて

夏に真っ黒に日焼けした顔は健康的な印象も受けますが、最近ではこのような紫外線を過剰に浴びることで皮膚癌の可能性も高くなると言われています。さらに癌の他にも白内障や免疫力の低下などの心配も出てきているのですね。

日焼けがもたらすさまざまなリスクを考える

このような日焼けは、少し前まではファッションの一部のようなものとして人気で、わざわざ日焼けサロンなどへ行って体を焼く人も多かったのですが、そのリスクが叫ばれるようになってから、特に紫外線の強い日にはさまざまな対策を講じる方も増えてきたのですね。もちろん、美肌というものを重んじる女性たちにはこの日焼けは大敵になります。なるべく紫外線をシャットアウトしたり、常にスキンケアに気を使ったり、かなり気にかけていますよね。これはどうも年齢によって違いがあるようで、たとえばまだ若い人なら焼けてしまった場合でも、その焼けた皮膚が剥ければキレイな肌に戻るのですが、若くなければシミになったりします。これは新陳代謝の差なのですね。

紫外線によるお肌のトラブルには日焼け対策が大切

人の皮膚というものは、本来ならば新陳代謝の機能によってその大半の損傷は修復されるのですね。これは免疫力にも大きく関わってきます。しかし、過剰に紫外線を浴びたり、加齢で若い人よりも新陳代謝が低下したことによって、この修復機能が追いつかなくなることがあるのですね。そこから起こってしまうリスクはいろいろあり、まず女性たちに嫌われているシミやそばかすの原因になってしまうということ。要するにお肌のトラブルがますます増加してしまうのですね。それから肌乾燥などもこれが原因。このようなお肌のトラブルを未然に防ぐためにも、日焼けの対策は万全にするべきです。

過剰な日焼けと皮膚癌の関係を考える

紫外線を過剰に浴びてしまうことで、さまざまなお肌のトラブルを引き起こしてしまうということを述べましたが、これがひどい場合には、最悪な事態なのですが皮膚癌になる可能性が増加してしまうのです。もっとわかりやすく言えば、この紫外線というものには、大切な皮膚細胞内の遺伝子をめちゃくちゃに破壊するパワーを秘めているのですね。人の細胞は定期的に再生を繰り返しているのですが、この再生をしているときにめちゃくちゃに壊れた遺伝子が混ざってしまうと正常な細胞ではなくなってしまいます。場合によっては癌細胞に変わる可能性も充分に出てくるのです。これが日焼けと皮膚癌の関係なのですね。

まとめ

日焼けというものは健康の象徴とされることが多かったのですが、そのリスクというものもけっして小さいものではありません。さまざまなお肌のトラブルいや、場合によっては皮膚癌になってしまうというリスクもあるのですね。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

日焼け止めサプリメントのメリットや効果
塗るタイプよりも飲むタイプの日焼け止めサプリを活用する
塗るのが主流だったけれど今は飲む日焼け止めサプリがおすすめ
今女性に人気の日焼け止めサプリ、副作用は大丈夫?
日焼け止めサプリの気になる成分は
日焼け止めサプリは、飲むタイミングを考えることが重要です
日焼け止めサプリを皮膚科で処方される場合もある
日焼け止めサプリの海外品と市販品の違い
日焼け止めサプリの特徴と種類について
日焼け止めサプリの効果時間、持続性はどれくらい
日焼け止めサプリの価格を簡単に確認する方法があります
注目の日焼け止めサプリのメリットとは
便利な日焼け止めサプリにもデメリットがある
目も日焼けする!?日焼け止めサプリで身体の内側から紫外線対策
飲んでUVケアができる日焼け止めサプリ
持ち運びに便利な日焼け止めサプリで手軽に紫外線対策
美肌を実現したい人にお勧めの日焼け止めサプリ
アンチエイジングにも役立つ日焼け止めサプリ
日焼けによる肌のダメージを避けるには
日焼けで痛み出る経験を繰り返さないためには
ひりひりはもう嫌!塗り直さない日焼け止め
イマドキの日焼け予防にはこんな方法が
日焼けの際の効果的なケアを知っておく
日焼けは顔が老ける原因ナンバー1