日焼け 痛み

日焼けで痛み出る経験を繰り返さないためには

日焼けをすると酷いときには、痛みが伴うような状態となる場合があります。そんな時の対処方法をまとめます。さらに、日焼け止めクリームが使えない状態や、万全の対策をしたい方のために、飲むタイプの日焼け止め製品の特長をご紹介します。

日焼けで痛みが出ているときの対処

うっかりすると日焼けによるダメージが大きくなり、痛みが生じるくらいになることもあります。クリームタイプの製品を使っていたとしも、全身に塗りきれるものではありませんので、特定の個所がダメージを受ける場合もあります。痛みを伴うケースでは、火傷のような状態となっていることが多く、ケアが必要となります。動くにも支障が出るようであれば、肌のケアと並行して鎮痛剤を飲んでも良いでしょう。即効性のあり副作用の少ない鎮痛剤が市販されていますので、薬剤師に相談してみると良いでしょう。その日は安静に過ごして、水風呂などで患部のほてりを抑えるように工夫します。

クリームタイプの製品が使えないときには

痛いほどに日焼けをしてしまうのは、事前の予防策が不足していたからです。事前の対策であったり、すでに肌が荒れている状態で対策を万全にするためには、飲むタイプの日焼け止めサプリを使ってみては、いかがでしょうか。直接肌を刺激しませんので、肌へのダメージもありませんし、違和感を持つこともないメリットがあります。体の内部から作用しますので、体全体にまんべんなく効果が発揮されます。したがって、クリームタイプのような塗り残しもなく、肌へのダメージを防止できますので有用です。さらに持続時間も数時間のものが多く、クリームに比べて長い点もメリットとなります。

飲むタイプの日焼け止め製品の注意点

飲むタイプの製品に違和感を持つなら使用はやめておくのが無難でしょう。また、赤ちゃんには使用できませんし、妊婦や体調が優れない方は使用を控えることが望ましいと言えます。また、持病など持っていて、医師から薬を処方されているなら、使用する前に相談することをお勧めします。海外製品を輸入して使う場合は、配合成分が日本人の体質に合っていないことが想定されますし、そもそも粗悪品の可能性もあります。自己責任となりますので、その点注意が必要です。同じタイプの製品でも複数の種類が販売されており、効果持続時間やその他の特長に違いがあります。試用品を試してみることで、体質に合った製品を見つけることも大切です。

まとめ

日焼けがひどくなると、痛みが伴いツライ状態となります。鎮痛剤などを用いて、その場をしのいだり、体を冷やしてほてりを抑えるなどのケアが必要となります。こんな状況を避けるためにも、日焼け止めサプリなどを併用して、万全の状態で日差しに対抗することを推奨します。定評のある製品を対象にして、試用品を使ってみると良いでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

日焼け止めサプリメントのメリットや効果
塗るタイプよりも飲むタイプの日焼け止めサプリを活用する
塗るのが主流だったけれど今は飲む日焼け止めサプリがおすすめ
今女性に人気の日焼け止めサプリ、副作用は大丈夫?
日焼け止めサプリの気になる成分は
日焼け止めサプリは、飲むタイミングを考えることが重要です
日焼け止めサプリを皮膚科で処方される場合もある
日焼け止めサプリの海外品と市販品の違い
日焼け止めサプリの特徴と種類について
日焼け止めサプリの効果時間、持続性はどれくらい
日焼け止めサプリの価格を簡単に確認する方法があります
注目の日焼け止めサプリのメリットとは
便利な日焼け止めサプリにもデメリットがある
目も日焼けする!?日焼け止めサプリで身体の内側から紫外線対策
飲んでUVケアができる日焼け止めサプリ
持ち運びに便利な日焼け止めサプリで手軽に紫外線対策
美肌を実現したい人にお勧めの日焼け止めサプリ
アンチエイジングにも役立つ日焼け止めサプリ
日焼けによる肌のダメージを避けるには
紫外線を浴びることで癌の可能性が出てくると言われる日焼けのリスクについて
ひりひりはもう嫌!塗り直さない日焼け止め
イマドキの日焼け予防にはこんな方法が
日焼けの際の効果的なケアを知っておく
日焼けは顔が老ける原因ナンバー1