日焼け止めサプリ 目 紫外線対策

目も日焼けする!?日焼け止めサプリで身体の内側から紫外線対策

夏は日焼けを気にしてクリームやスプレーで日焼け止め対策をする人は多いですが、冬になると厚木にもなる為そこまで神経質に対策する人は少ないのではないでしょうか。紫外線は夏場だけでなく一年中存在しています。冬でも顔は、どうしても日焼けしてしまうのです。特に目はクリームやスプレーを使えないので、紫外線対策が難しいパーツです。顔全体を紫外線から守るにはどのようにすれば良いのでしょうか。

紫外線は目にも入ってくる。その影響とは

目は身体の中で唯一、外部にさらされている臓器です。その為、ほこりや花粉のような外的な刺激でダメージを受けることがあります。もちろん紫外線もその外的な刺激の一つです。元々は紫外線から守る力をある程度は備えているのですが、長時間外で過ごす場合など紫外線を浴びる量が多くなる時は、角膜や白目を覆う結膜などにダメージを受けてしまいます。目が赤くなったり痛くなる症状が出る可能性があり、最悪の場合は、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という病気にかかることもあります。視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気です。また、角膜炎(かくまくえん)を引き起こす可能性もあります。サングラスをかけたり、日傘を差すなどしてなるべく紫外線を遮るようにしましょう。

身体の内側からケアして、紫外線にスキを与えない

サングラスや日傘は紫外線対策に有効な手段ではありますが、実は紫外線は屋内では窓を突き抜けて入ってきます。家や職場などの屋内でサングラスは使えません。また、日傘を差して歩いていても、紫外線はアスファルトから反射してどうしても浴びてしまいます。完全に紫外線を浴びないようにすることは不可能なのです。しかし、日焼け止めサプリを飲むことによってかなりの紫外線のリスクを低減することが可能です。目を紫外線から守るだけでなく、体内に有効成分を取り込む為、肌全体にも効果があります。日焼け止めクリームのベタつきを気にしなくても良くなりますし、こまめに塗りなおすのを忘れがちな方も、サプリを飲むだけであれば簡単に日焼けのケアが出来ます。

日焼け止めサプリは、日焼けした後にも効果的

記事のイメージ画像

紫外線は美肌の大敵ですが、実は身体にとって重要かつ必要なビタミンDを生成する為には欠かせないものでもあります。ビタミンDはカルシウムの吸収を高める働きがあるので、紫外線を全く浴びないでいるとビタミンDが生成されなくなるのです。その結果骨が弱くなり、骨粗鬆症になる可能性が高まります。身体に必要な栄養素であるビタミンDは生成したいけれど、シミの元となるメラニンや老化を助長する活性酸素は防ぎたい・・・このような場合こそ、日焼け止めサプリが大いに効果を発揮します。なぜなら、日焼け止めサプリには紫外線を浴びた後にメラニンや活性酸素の発生を抑制する効果があるからです。ビタミンDの生成を妨げることなく、美肌を保つことが出来るのです。

まとめ

防ぎきれない紫外線から目や肌を守るには、日焼け止めサプリが最適です。毎日飲むだけで簡単に続けられ、身体の内側から紫外線対策が可能です。また、日焼けしてしまった後でも、シミの元を作らせないので、汗をかいたり泳いだりした後でも紫外線によるダメージを軽減することが出来ます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

日焼け止めサプリメントのメリットや効果
塗るタイプよりも飲むタイプの日焼け止めサプリを活用する
塗るのが主流だったけれど今は飲む日焼け止めサプリがおすすめ
今女性に人気の日焼け止めサプリ、副作用は大丈夫?
日焼け止めサプリの気になる成分は
日焼け止めサプリは、飲むタイミングを考えることが重要です
日焼け止めサプリを皮膚科で処方される場合もある
日焼け止めサプリの海外品と市販品の違い
日焼け止めサプリの特徴と種類について
日焼け止めサプリの効果時間、持続性はどれくらい
日焼け止めサプリの価格を簡単に確認する方法があります
注目の日焼け止めサプリのメリットとは
便利な日焼け止めサプリにもデメリットがある
飲んでUVケアができる日焼け止めサプリ
持ち運びに便利な日焼け止めサプリで手軽に紫外線対策
美肌を実現したい人にお勧めの日焼け止めサプリ
アンチエイジングにも役立つ日焼け止めサプリ
日焼けによる肌のダメージを避けるには
日焼けで痛み出る経験を繰り返さないためには
紫外線を浴びることで癌の可能性が出てくると言われる日焼けのリスクについて
ひりひりはもう嫌!塗り直さない日焼け止め
イマドキの日焼け予防にはこんな方法が
日焼けの際の効果的なケアを知っておく
日焼けは顔が老ける原因ナンバー1